やっぱり難しい??はじめてお金を借りる!

お金を借りる、簡単なことのようで決してそうではないという方もいらっしゃいますね。全く初めてお金を借りるのなら、なおさら「難しい。」と感じることもたくさんあるかもしれません。

お金を借りるという場面でなくても、お金を管理することが苦手な方は多いものです。主婦の方でもどう頑張っても家計簿をつけられない、つけてはいるけれど出費を上手に抑えたり、コントロールしたりというところには至っていないという方も多いでしょう。

日本では子供の時からお金に教育が少なすぎるということが言われています。お金をどのように上手に扱うべきなのか、知らないまま大きくなってしまうことも多いのです。そしてなんとなくお金に関する話はタブーだという概念が強いのではないでしょうか。

しかしお金のことは避けては通れません。誰かに任せてしまうわけにもいかず、まったく知らないままでは損をしないまでも、よい機会やお得な情報を見逃しているかもしれないのです。

お金を借りるということに関しては、なにも金融について全て網羅するような知識が必要なこともありません。今の金融機関は利用しやすい商品をたくさん取り扱っていますし、充実したサービスを安心して受けることができるのです。

しかし、ほんの少しお金に関する情報を知っていることで、もっとお得に、さらに使いやすい金融商品を選ぶことができるようになるはずです。さっと金利を計算して支払う利息を知っておく、たくさんある金融機関でも銀行と消費者金融の大まかな違いを把握しておく、といったように何も難しいことはありません。

銀行カードローンの魅力とは?

消費者金融は怖いところ?


初めてお金借りる時には、お金を借りることだけに気持ちが向いてしまいます。しかし、お金を借りることに加えてマネープランや最終的にはライフプランまでを考えることでより良い方法を選びとることができるはずです。確かにお金を借りる難しさはあります。しかし、お金に関する知識を付けることで、難しさを減らせるようになるでしょう。

何から始めればいいのかと途方に暮れてしまうこともあるでしょう。また、急いでお金を準備しなければならない時ならば、時間がないと焦ってしまうこともあるかもしれません。必要な情報を選びとるためにも、お金に関する知識をつけておくことは無駄なことにはなりません。

急いでお金を借りるためには、借り入れへの流れをより早くつかむことが大切です。どこで借りるのか、金利が低いところがよい、といったように詳細を見ていくのではなく、ローン商品全体の流れをつかんでおくとよいでしょう。そうすることで自分にピッタリのものを選びとりやすくなるはずです。

お金の問題に関する難しさ、借りることに関する難しさ、はローン利用などの経験がない場合はとても大きな問題のように感じるかもしれません。しかし、今のローン商品はとっても便利になっているものなのです。知識を仕入れ、しっかり選べば決して難しさを感じることなく初めての方も借り入れ上級者のように利用できるでしょう。

そもそもどうすればお金が借りられる?

どうやってお金を借りればいいのか、経験がないと途方に暮れてしまうかもしれませんね。そもそもどのようにすればお金が借りられるのでしょうか?

お金を借りる方法にはいくつかあります。家族や友人などに頼むことも一つの方法でしょう。誰かに借り入れを頼むのは金融機関に申し込みをするよりも気軽だと考える方は多いのですが、決してそんなことはありません。場合によっては実際にお金を借りなくても、借り入れを頼んだだけでそれまでの関係性が崩れてしまう可能性もあるのです。

住宅ローンの頭金などとして夫婦が双方の親からお金を借りることもよくありますが、この場合も借用書や返済方法などをしっかり話し合う必要があります。贈与税のことも含めて、簡単に借りてしまわずに計画立てて借りることは金融機関に申し込むのと大きな違いはないはずです。

様々な金融機関が取り扱うローン商品に申し込みをしてお金を借りるなら、それぞれの商品に応じた準備が必要になります。しかし、以前のようにどのようなローンでも金融機関の店舗に行って融資申し込みをしなければいけない、といった状況は大きく変化を見せています。

全く店舗に行かずにネットで申し込みができるローンもたくさんあるのです。さらにネット銀行では当然店舗がありませんので、ローンの手続きなどは全てネットで行うことになります。(一部ネット銀行では、住宅ローンのように大型のローンのみ特別に設置してある店舗での申し込みができる場合もあります。)

どのようにお金を借りるのかは、各金融機関、各ローン商品によって違いが大きいものとなります。準備する書類が違うこともありますし、申し込みや契約の方法も実に様々なのです。

目的・金額・方法を明確にして借りる


ローンなどの利用が全く初めての方は、不安も大きくなりますが当然ネット銀行などでも電話による質問などを受け付けています。分からないことが多い場合は、問い合わせをすることもできます。

どうすればお金を借りられる状態になるのか、一刻も早く借りたいけれど、といった場合も焦らずに申し込みをしたいローン商品を選びとる意味合いからも、ローンのスペックと利用方法を比較していく作業はしましょう。平行して身分証明書などどのようなローンでも提出する書類の準備なども行っていきます。

申し込み方法を各ローン商品もサイトなどで事細かに説明している金融機関も少なくありません。申し込み方法に関しても少しずつ違いがありますので、カードローン審査で確認しておきましょう。

収入証明不要のキャッシングはどこに申し込む?

消費者金融のキャッシングでの申し込み時に必要な書類は、担保や保証人が必要ないものであれば身分証明書だけで契約することができます。身分証明書は、運転免許証や健康保険証などになります。特にどこかに取りに行く必要もなく、持っていることが多いですから素早い借り入れが可能になりますね。

借り入れの申し込み時には、できるだけ提出書類を少なくしたいと考えるものですよね。では、どんな場合に収入証明不要のキャッシングとなるのでしょうか。

消費者金融では、50万円以下の借り入れならば、収入証明不要で借り入れすることができます。これは貸金業法という法律による規制ですから、どこの消費者金融を選んでも同じことなのです。

また、他の金融会社などですでに借り入れをしていて、新たに借り入れを申し込む金額を合計して貸金業者からの借り入れが100万円を超える場合にも収入証明書が必要になってきます。こちらももちろん、どこの消費者金融でも同じです。

ということは、収入証明書不要のキャッシングを探すのではなく、借り入れ限度額に注意をするということになるのです。現在の借入額については、自分でもキャッシングの申込書に記載することになりますが、もちろん消費者金融も個人信用情報機関で確認しますので、正確な金額を記入するようにしましょう。

多く借り入れしたいからといって、実際の金額とは違う借入額を記入していると信用を失ってしまい余計に借り入れができない状況を作ってしまうのです。

申し込みの前に調べておくべきこと

カードローン申し込みの前には、各商品の比較などとも合わせて色々な点を調べていきますね。できるだけたくさんの商品情報を集めることで、よりよい借り入れができるのは間違いありません。借り入れまでに時間がないという方も、少しでも時間を取って下調べをしておきたいものです。

カードローンの下調べといえば金利だけ、と思い込んでいませんか?確かに金利はローンを利用する時に一番大切なことではありますが、カードローンを金利だけで選ぶと失敗してしまうこともあります。

カードローン選びの失敗とは、借り入れしにくい、返済しにくいと感じる商品を選んでしまうということにあります。自分に都合の悪い商品を選んでしまうことは、結果的に返済に遅れることになってしまうなど大きなデメリットに繋がってしまうケースもあります。

申し込みの前には、トータルでバランスのよいカードローン商品を選ぶことを意識しておくのも良いでしょう。また、契約時の手間を大きく減らす提出書類が少ないカードローンを選ぶことも大切です。

カードローンでの必要書類は、本人確認書類として運転免許証や健康保険証などがまず挙げられます。これはほぼどのようなカードローンでも絶対に必要になると考えておいたほうがよいでしょう。

ただし、もう一つの必要書類として多い収入証明書に関しては、提出しなくてもよいケースがあります。限度額の大きさによって、提出しなくてもよいケースがあるのです。ですから、申し込みの手間を減らすためには収入証明書を提出しなければいけない限度額が大きな所を選ぶというのも一つの方法でしょう。

あるいは、その後限度額増額を狙えるカードローンを選んでおき、最初は収入証明書を提出しなくてもよい金額で申し込みをしてしまうというのも素早い借り入れへの秘訣となるかもしれません。思い立ったら即借りたい、こんな時には少しでも手間を減らせる方法を探しましょう。