借りるからにはきちんと返そう

お金を借りるシーンにおいて、後々大きな問題となってしまう可能性があるのが申し込み者の返済に対する意識です。「借りたら借りたでなんとかなるだろう。」「とにかくこの場をやり過ごせば返済はその時になってから考えよう。」といったあいまいな考えで借り入れをすることにしていませんか?

お金は借りるからには必ずきちんと返すこと、当たり前でもいざ自分が借りるとなるとしっかりと意識することが難しい場合も多いのです。お金を準備することだけに気をとられていると、どうしても返済を考えるところまで考えを持っていけないこともあるのです。

10万円をどうしても準備しなければならない、こういった時には10万円を準備できてしまえばそれで全てが終わってしまったような感覚になってしまいます。しかし、その後10万円を一度に返済してしまうのではなく、5,000円ずつあるいは1万円ずつ毎月返済していくことにするのなら、何回ぐらいの返済回数となるのかを必ず考えてみなければなりません。

特にカードローンのように限度額を決めてその範囲内なら何度でも借りる、返すと繰り返して利用できるローンなら、返済計画を立てなくても毎月決まった額だけ返しても特に問題を感じない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、限度額が大きくなり借入額も大きくなった場合には、いつの間にか返済が終わっているといったことはかなり難しくなってしまいます。追加借り入れをしているうちに、いつまでたっても借入残高が減っていかないことに気付くかもしれません。

そのうち返済への意識があいまいになり、1回ぐらい遅れてもいいだろう、また次に多めに返せばいいかな…と勝手な判断をして返済遅れを引き起こしてしまいます。もちろん1回だけで延滞の記録を残す金融機関は実際には少ないとは言われていますが、それも自分が延滞して絶対に記録が残らないという補償はどこにもないのです。

ローンなどは共通の信用機関を利用しています。一つの金融機関の延滞がその後の借り入れなどに大きく響いてきてしまうのです。自分では深く考えずにしてしまった返済遅れが、その後何年もライフプランに影響を及ぼすと考えると返済をしっかりすることの大切さを甘くみてはいけないことは納得できるでしょう。