担保や保証人はどんな時にも必要?

お金を借りる時の難しさとして担保や保証人が必要ということがありますね。所有している土地などを担保とするともしも返済できなかった場合に、その担保によって返済をまかなうということになります。住宅ローンなどではその購入する住宅やあるいは土地などを担保とすることができるため、大きな金額であっても審査に比較的通りやすいということも言われています。

保証人は、もしも返済する方が返済できない事情に陥ってしまった場合に代わって返済する義務が生じるものです。自分が誰かに保証人を頼まれた時に、何のためらいもなく「なるよ!」と返事ができるかどうかを考えると、自分が誰かに保証人を頼む難しさは明らかですよね。

お金を借りたい、ローンを組みたい、こんな場合に大きな問題として立ちはだかる担保や保証人ですが、最近のローンではどちらも立てることなく申し込みができるものも増えています。

カードローンやフリーローンと言われる金融商品がその代表的な物で、保証会社が申し込み者を保証することでローンを組めるようになるのです。保証会社に保証料として別に支払う場合もあれば、返済時の金利に保証料が組み込まれているものもあり、これは申し込み前に確認しておく必要があるでしょう。

担保や保証人を立てることで、その分信用が高まりますので低い金利で利用できる可能性が高いというメリットもあります。しかし誰でも準備できるものではないこと、担保や保証人をたてて審査を受けるとどうしてもその分審査結果が出るまでに時間がかかってしまうことがありますので、急ぎの借り入れでは間に合わなくなってしまうかもしれないことなどを考慮して、あえてフリーローンやカードローンを利用するという方も増えているのです。

また様々な借り入れ目的に対応できるような限度額が大きなカードローンも増加しています。自分の借り入れ目的、いつまでにお金を借りたいのか、もちろん金額などを含めて、申し込むローンをしっかりと検討するようにしましょう。