金利は借りたお金にかければよいだけ?

お金を借りたら必ずつきものなのが「金利」です。金融機関に借りた場合では、金利に基づいた利息計算をして支払っていくことになりますね。さてローンでは金利、金利とよく言われているにも関わらず、実際の利用の計画時に金利に基づいた利息計算をしっかりと行っている方は少ないかもしれません。中には金利の計算などもどのようにすれば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

利息を計算するのなら、その計算方法を知っておくべきです。利息の計算時に必要な物は、そのローンが自分に設定している金利、実際に借り入れした金額、借り入れている日数、ということになります。

設定された金利が年18%、実際に借り入れをした金額が10万円、さらにお金を借りていた日数を30日間として利息がいくらぐらいになるのか計算してみましょう。

金利18%×10万円÷365日×30日=1479円(小数点以下切り捨て)となります。金利が下がれば当然利息の金額は低くなりますし、また借り入れしている日数を短くする(予定している返済日よりも早く返してしまう。)と、これも支払う利息を減らすことができます。

住宅ローンなどでは、予定している返済日よりも早く返す繰り上げ返済をすることで手数料を支払わなければいけない場合もありますが、カードローンなどでは手数料なしでいつでも返済できるようになっているところがほとんどです。ただしこれはローンに申し込みをする前に確認しておきましょう。

金利の表記はこのように年利のローンがほとんどなのですが、中にはわざと利息が低いと感じるように月利などで表記しているところもあります。「こんなに金利が低いの!」と喜んで申し込みをしたら、思わぬ利息金額になってしまったということもあります。

カードローンなどでは、毎月の返済計画が表となってサイトに掲載してあるものもあります。それに従って返済計画をたてればよい、と自分でプランを考えない方もいらっしゃるのですが、その計画通りに返済が進むことはまず難しいと思っておいたほうがよいでしょう。追加借り入れをする必要が出てくることもあるでしょうし、予定よりも早く返済できることもあります。

予定変更があった場合に、すばやく自分で再度返済計画を立て直すことができるようにするためにも、まず簡単な金利の計算はできるようにしておきましょう。ローンを比較する時にも役立ちますよ。